死後1600年以上たっている王羲之の資料が新しく発見される

その死後1600年以上たっている王羲之の資料が新しく発見され、今でも教育現場の手本として利用されている王羲之の新しい発見は、唐の時代に遣唐使が持ち帰ったのではないかと話しているそうです。

王羲之は4世紀の中国東晋の時代の時代のとして書聖とされていた偉人でこれまでに実際に本人が書いた真筆はすべて戦争等によって失われてしまったそうで、残っているのは複製されたものや模写されたものだけだそうです。

今回見つかったものは、唐の時代に双鉤填墨という高度な手法で精巧に模写されたものだのだそうで、非常に価値のあるものとされており、それが日本で見つかったのですから素晴らしい発見といえましょう。

そもそもこの資料は、平安時代の書家小野道風のものであるとされて今まで保管されてきたのだそうですが、
今回のように実際に近い人物のものであると信じられて現存しているものがまだあるのではないかと考えられています。